無機物(ミネラル)に注目したびわ葉の分析
 
■目的
びわの葉のCa、Na、Kなどの定性および定量分析などを行う
■内容
エネルギー分散型蛍光X線分析装置にて分析(試料に含まれる元素から発生するX線を測定することでその組織を分析する)
※Na〜Uまで91元素の迅速測定が可能
 
有機物に注目したびわ葉の分析
 
■目的 アミグダリン、食物繊維、ポリフェノールなどの定性及び定量分析
■内容

アミダグリンの分析 : 分析HPLCにて定性及び定量分析
食物繊維の分析 : 酵素重量法(Porsky法)ぶて定量分析
ポリフェノールの分析 : Folin・Ciocalteu法にて定量分析

 
 
 
貝化石を肥料に用いたびわ葉の検証
 
■目的
貝化石を肥料に用いることによりCa分の多いびわ葉が採集できることの検証を行う
■内容
貝化石を肥料で用いている場所とそうでない場所の土壌中のCa含有の分析を行う。
また、この分析によりCa分の多いびわ葉を栽培できる方法のマニュアル等の作成を行う。
 
 
 
動物行動学実験
 
■目的
●卵巣摘出マウス(OVXマウス)の鬱・不安行動変化
●びわ葉粉末摂取による代謝への影響
 
■評価項目

●行動学実験

・明暗選択テスト
・オープンフィールドテスト
・高架十字迷路
・強制遊泳テスト
・テールサスペンションテスト
●検査項目
・Glutamin Oxaloacetic Transaminase (GOT),

・Glutamin Pyruvic t Transaminase (GPT),

・肝臓、骨、子宮、脾臓、脂肪組織、脳、大腿骨を摘出

 

行動試験

 
■明暗選択テスト   ■強制遊泳テスト
     
暗い場所を好むマウスの性質を利用し、不安感を評価   水を嫌うマウスの性質を利用し、逃避行動の有無により鬱状態を評価
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
■オープンフィールドテスト  
   
マウスの端を好む性質を
利用
 
   
  ■テールサスペンションテスト
   
  尻尾から吊るされた状態での逃避行動を解析し鬱状態を評価
   
 
 
 
   
■高架十字迷路  
   
不安感を
評価
 
 

CTスキャン