高倉びわ茶
 
   
煮出し用のびわの葉茶です。高倉びわの葉だけを使いました。丁寧に煮出すとルビーのような美しい色になります。
 
品名・名称 高倉びわ茶
原材料 びわの葉
生産地 岡垣町高倉 さなえ果樹園
内容量 5g×16袋
保存方法 開封前は高温多湿を避けて冷暗所で保存。開封後は虫などが入る恐れがありますので、茶缶などに密封して冷暗所で保存してください。
 
 
百年以上びわと暮らしてきた岡垣町の健康プロジェクト。
 
「桃栗三年柿八年枇杷は早くて十三年」と呼ばれるようにとっても手間のかかる果物です。しかし昔から「大薬王樹」と呼ばれ親しまれてきました。
その果実には糖質、カロチン、ビタミンB、リンゴ酸、クエン酸、カルシウム、鉄分などが含まれています。
葉にはサポニン・タンニン・ビタミンB1。種にはビタミン(B1・B2・B6・E・K・ビオチン)、ミネラル(カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・マンガン・鉄・銅・亜鉛・ケイ素・硫黄・スズ・クロムなど)を豊富に含んでいます。
これらの成分を余すところなく取り込んでいこうというのが、岡垣町の「びわで健康プロジェクト」です。